TOP > 企業検索 > 企業詳細(代表・担当・先輩の声)

企業詳細

通信・情報 | サービス | その他

更新日2017/10/05

トランスコスモス株式会社

トランスコスモス株式会社
とらんすこすもす

  • エントリー
  • 説明会・イベント
  • 採用試験情報
  • お気に入り

〒150-8530 東京都渋谷区渋谷3-25-18(東京本社)

  • 基本情報&PR
  • 採用情報
  • 説明会・イベント
  • 代表/担当/先輩の声
  • フォトギャラリー

採用担当者の声

  • 部署
    新卒採用チーム
    氏名
    濵比嘉 星乃
    入社年
    2008年
    この度は、当社ページへアクセスいただき、誠にありがとうございます。

    当社は、1966年に創業し今年で51年目を迎えます。
    そして、沖縄本部の設立は1999年、今年で18年目を迎え、沖縄本部設立当初は従業員はわずか40人程度でしたが、現在は約4,000人以上の従業員が働いており、県内拠点も5拠点にまで拡大、現在も成長し続けております。

    当社は2011年に沖縄県より『沖縄県ワーク・ライフバランス認証企業』をうけました。
    子育てと仕事の両立支援の一環として、2006年より事業所内に従業員専用の託児施設を設置・運営を実施(0歳児から未就学児童まで利用が可能)、育児休業期間終了前に社員から希望があれば一定期間の勤務時間の短縮など柔軟に対応し、子育てに支障のない働き方を実践しており、過去3年間で約150名が育児休業制度により育児休暇を取得(男性含む)しております。

    以前のワーク・ライフバランスは女性が働きやすい職場の取り組みに重点が置かれてましたが、ただ、昨年から政府でも「働き方改革」を提唱しており、当社においても、生産性、スキル向上による個々の働く時間改革を進めております。

    当社はまだまだ成長し続けます!
    そして、挑戦できるフィールド、個々のスキルアップに繋がる環境もたくさんあります。
    ぜひ、当社と共に成長し、一緒に会社を盛り上げていきましょう!

    皆様とお会いできることを楽しみにしております(^^♪

先輩の声

  • 部署
    事業所責任者
    氏名
    渡久地 政直
    入社年
    2008年
    ◆入社後の仕事、苦労、学んだこと

    入社後の1年間は、沖縄県の3か所のセンターを経験し、数多くのクライアント様の業務、考え方、お客様毎の悩みに触れることができ、入社動機でもあった、自身の知見を増やすことが出来ました。

    2年目以降は、事業所に配属され、一年目と違い、メンバー・業務とより密に向き合い、課題に対して深掘りし、プレイヤーとして積極的に関わっていくという仕事に切り替わりました。
    その中で苦労したことは、担当チームには20代~50代までの男女80名が属していたため、メンバー個々の考え方、異なる想いに折り合いをつけ、メンバーをひとつの方向に向き合えるようにすることの難しさです。
    そこに私達のお客様であるクライアント様の想い、方針も関わってくるので、狭間に立ちとても苦しい時に、直属の上司が「成果が上がらず苦しいときこそ、自分の売り、強みを発揮することが、結果を出す近道だぞ。自分の売りはなんだと思う?」と声を掛けてくれ、一緒になって、私自身の売り・強みを考えてくれました。この思い出は今でも私の宝です。 

    ◆現在の仕事、ミッション、やりがい

    自身の売り・強みが「人への感謝、どんな時も人と真摯に向き合える」事だと気づけた後は、チーム一人ひとりと毎日、時間をかけながら向き合うことで、団結力を高め、結果を出すことに成功しました。
    今ではその実績をかわれ、ひとつの事業所をまかされる事業所責任者として、日々、業務に励んでいます。
    事業所責任者は、クライアント様の業績、メンバーの生活を維持・向上させる責任があります。
    とても重責なポジションではありますが、自分達の判断一つで、両社の業績を上げられる可能性もあります。

    世界は今、無限に近い情報で溢れており、これからはますます、本物しか生き残れない時代に突入していきます。
    様々なサービスやチャネルも増え、AI(人工知能)の成長は凄まじく、ここ数年で大きく市場が動くと想定されています。
    しかし、私は人を介することによる安心感は残ると考えています。なぜなら、どんなにAIや技術が発達しても、多くの方は無意識に人の温もりを求めていることではないかと思うからです
     
    私を成長させてくれた「一人ひとりに判断のモノサシがある」という気づきからの経験。決して戻ることのない、限られた時間、人生というプロジェクトの中でこれからも人(メンバー)と向き合い、お互いに学んでいくことを通して、チームの総合力を高めていくこと。そして、急速に変化する世の中の情勢に合わせながら、一人ひとりの思考をもとに
    自由自在に形を変えて自らが成長していく事業所(組織)、メンバー育成に関われることが、当社で働く私のやりがいです。
  • 部署
    リードスーパーバイザー(LSV)
    氏名
    渡嘉敷 邦彦
    入社年
    2011年
    ◆入社した経緯
    私は福岡と沖縄で就職活動をしていたのですが、集団面接ばかりで学生と面接官の距離感が遠く感じていました。しかし、トランスコスモスでは3回の面接全てが1対1の面接形式だったことが、「人」として正面から向かい合ってくれる会社だと感じトランスコスモスへの入社を決意しました。

    ◆現在の仕事内容
    ・入社1~2年目⇒通販会社のコールセンターでオペレータ業務とチームリーダー業務を経験
    ・入社3~4年目⇒新しいコンタクトセンターを立ち上げるため、東京へ業務巻き取りの為、3か月間出張。その後沖縄へ戻り、コンタクトセンターの立ち上げに携わり、立ち上げ後は、スーパーバイザーとして現場運営を任され、
    現在は、クライアント様へ業務提案や、実績の報告などを行ったり、労務/シフト関連の業務を任され、2年前と比べ、任される仕事が格段に増えました。仕事が増え、忙しい日々を送っていますが、今はこの忙殺される8時間を楽しんでいます。

    ◆入社後の仕事、苦労、学んだこと
    自身よりも年上のメンバーへの対応であったり、どうやれば伝えたいことを人に伝えられるのか、部下の育成、クライアント様への対応・・・。大変だったことは挙げればキリがないです。東京への出張後は全てを一人でやろうと仕事を抱えてしまい、結局は自身の許容量を超えてしまい潰れてしまいました。そのときに上司から「仕事は一人では出来ない!メンバーを信頼して仕事を分担することでチームワークが形成され、大きなことが成し遂げられるんだ」という言葉で、これまで一人で四苦八苦していた自分が恥ずかしくなり仕事への取組み方が変わったことで現在は充実感を感じながら日々を過ごしてます。

    ◆学生の皆さんへ一言
    つい2ヶ月前の就職説明会の際に、ある学生からこんな質問がありました。
    「私は法学部なのですが、トランスコスモスはどの学部を募集しているのですか?」
    回答は、「どの学部でも関係ない」です。なぜならトランスコスモスはコンタクトセンターだけでなく様々な複合サービスをクライアント様へ提供しています。例えばあなたが法学部出身であれば法律相談所のコンタクトセンターを開所する際、あなたの法律の知識が生かされるかもしれません。トランスコスモスにはあなたが活躍する場所がたくさん転がっていると思いますので、是非トランスコスモスに飛び込んでみてください!!
  • 部署
    スーパーバイザー(SV)
    氏名
    眞榮平 やよい
    入社年
    2012年
    ◆入社した経緯
    大学卒業後、就職活動の傍ら、トランスコスモスに派遣社員として入社しました。
    1件1件お客様対応を重ねるたびに、「ありがとう」を頂く機会が増え、「電話を取る」だけでなく「一期一会の出会い」を感じるようになった事がコールセンターに興味を持ったきっかけです。また、受電業務以外にも様々な仕事に挑戦させて頂き、成長の機会をくれたことも入社を決めた理由です。

    ◆現在の仕事内容
    通信関連のサービスのご案内や、お客様サポートを行う窓口で、入社1年目はオペレータとして、お客様へサービスのご案内やお問い合わせ対応を行っていました。
    2年目からは、オペレータのサポートや新人育成、シフト管理などの業務を行い、
    現在は、ユニット責任者という、一つのチームの管理すべてを任されています。

    ◆入社後の仕事、苦労、学んだこと
    日々、新しい事や問題に挑戦しています。発見の連続です。
    なので、大変だった事を数えるときりがないです(笑)
    ですが、何か苦しい・つらい気持ちになった時は、いつも隣に同期や同僚たちが支えてくれていた事を思い出します。
    今、「大変だった事」を思い出せない私は、一緒に働く周りの方たちに支えられているからだと思います。

    ◆学生の皆さんへ一言
    以前、合同企業説明会へ先輩社員として学生と座談会をしたとき、
    やる気や期待に満ち溢れた皆さんの眼差しを見ると、入社当初の気持ちが蘇りパワーをもらいました!就職がゴールではありません。ぜひ今の気持ちを忘れず、新社会人頑張ってください!ファイト!
  • 部署
    スーパーバイザー(SV)
    氏名
    小岩 杏奈
    入社年
    2010年
    ◆入社した経緯
    人と接する仕事に興味があり、また自分自身のコミュニケーションのスキルは乏しいと常々感じていました。その為、「電話」という難易度の高い方法でお客様とコミュニケーションを取っている仕事内容に興味が湧き入社を決めました。

    ◆現在の仕事内容
    入社~2年目までは、商品(パソコンなど)の使用方法/修理受付等のサポートを行う窓口で、アドバイザー(オペレーター)経験後、新人の育成担当として、研修や、新人メンバーのサポートを行ってました。
    その後、約1年間の産休、育児休暇を経て、現在は、商品キャンペーンの申込み促進業務でコミュニケーター、チームリーダーを経て現在スーパーバイザーとして、新人育成、品質管理など、コンタクトセンターの運営に携わっています。

    ◆入社後の仕事、苦労、学んだこと
    入社からしばらくはコール業務の習得に注力し、その後、新人の方へ教える立場となり、「育成」にやりがいを感じる事ができました。入社当初は、周囲のレベルの高さを感じ、新卒として目標意識を持って動くのが難しく感じました。
    現在の事業所で管理者を経験していますが、まだ「乗り越えた」と感じられるまでには時間がかかるかもしれません。なので、これからも自分の役割や仕事を突き詰めていきたいと考えています。

    ◆学生の皆さんへ一言
    私も初めはコールセンター業務に抵抗がありましたが、とても奥が深いお仕事です。コールセンター業務だけでは無く、部署も多く異動の機会もあるので、飽きっぽい人にはもってこいです。この会社で磨かれる「コミュニケーション能力/スキル」はどんな仕事においても重要で基本の部分だと思いますので、少しでも興味が出たらぜひ、企業説明会等でも足を運んだり調べてみてください!

このページのトップへ