TOP > 企業検索 > 企業詳細(代表・担当・先輩の声)

企業詳細

エネルギー | 流通 | サービス | 官公庁・農協・その他団体

更新日2020/06/11

お気に入り
生活協同組合コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
こーぷおきなわ

  • エントリー
  • 説明会・会社訪問
  • 採用試験情報
  • インターンシップ

〒901-2588 沖縄県浦添市西原1-2-1

  • 基本情報&PR
  • 代表/担当/先輩の声
  • フォトギャラリー
  • 部署
    協同購入事業本部 西原センター地域担当者
    氏名
    新垣 佑介
    入社年
    2018年入協
    [現在の仕事内容]
    注文いただいた商品を各家庭や職場にお届けする地域担当者の業務を行う。
    くらしの困りごとを解決し、各家庭にあった商品提案なども行っている。

    この方の役に立ちたいという想いをもって、組合員と日々コミュニケーションをとるようにしています。
    嬉しかったことは、「あなたがおすすめするなら買うさ」と言っていただいたこと。最初はどうしても組合員さんとの距離を感じていたのですが、毎日のコミュニケーションを大切にすることで、この言葉を頂き、信頼を実感しました。
    大変だったのは、学生から社会人になったときの「責任」の意識の違い。1年たつとだいぶ慣れてきましたが、最初はミスが重なったりして落ち込むこともありました。
    そんな時に支えとなったのは、同期の存在です。研修期間が2か月以上と長い分、仲良くなっていたので、悩み事を相談したり、一緒にご飯を食べに行ったりして、大変な時も乗り越えられました。
  • 部署
    協同購入事業本部 浦添センター    地域担当
    氏名
    富山 弘健(とみやま ひろたけ)
    入社年
    2018年入協              【沖縄大学 法経学部 卒業】
    【組合員と職員で支え合う】
    正直私は、入職するまで、コープおきなわの事について全く知りませんでした。「人のためになる仕事がしたい」と、ふわっとした理想を持ちながら就職活動を進めているなかで、地域の方々とのコミュニケーションを大切にしているコープおきなわと出会い、ここなら楽しく理想の
    仕事ができると思い志望を決意しました。

    現在は地域担当者として、自分の受け持つ組合員の元へ商品をお届けしています。
    慣れるまでは、配達先を覚えたり、商品の荷下ろしに苦労したりと大変な毎日でしたが、今では組合員との信頼関係も築く事ができ、商品のご提案も出来るようになりました。

    地域担当のやりがいは、単純に配達する側と受ける側の関係ではなく、お互いが支え合うパートナーとしての信頼関係を築けるところです。商品だけに限らず、ご家庭の小さな困りごとを一緒になって解決することで、自然と笑顔が増え、「ありがとう」の感謝の言葉へと繋がります。

    【就活生へのメッセージ】
    「人の(誰かの)ために頑張りたい」思いがある方、コープおきなわで働くことで共感を得られることがたくさんあります。
    また、職員も明るく優しい方ばかりで楽しい職場です。

    是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 部署
    協同購入事業本部 西原センター    地域担当
    氏名
    崎浜 日菜子(さきはま ひなこ)
    入社年
    2018年入協            【沖縄国際大学              総合文化学部卒業】
    [現在の仕事内容]
    注文いただいた商品を各家庭や職場にお届けする地域担当の業務を行う。
    生活の中で必要な物、くらしの困りごとを聴きながら各家庭にあった商品提案を行うことが役割

    【組合員との交流が成長へとつながる】
    コープおきなわを志望したのは、母がコープを利用していたこともあり、コープ商品が身近にあったこと。
    また、食を通して暮らしを守るだけでなく、コープ共済などたすけあいの心(こころ)で暮らしに貢献できる事に魅力を感じたからです。

    入協当初、人見知りな私にとっては、毎日の会話が正直大変でした。しかし、私が担当している組合員や職場の同僚が、いつも気さくに声を掛けてくれ、いつの間にか皆さんとお会いできることが楽しみへと変化しています。
    「私を必要としてくれる組合員」が待っていることへの感謝と、週1回の僅かな時間で、組合員とステキな時間を送れることが、私の一番のやりがいです。

    【就活生へのメッセージ】
    学生のみなさん就職活動お疲れ様です。揉まれ揉まれ悩んでいる方も大勢いらっしゃるかと思いますが、私は「最終目標はここだ!」と決めて、それが実現できると思ったコープおきなわに入職を決めました。まだまだわからない事だらけですが、職場の先輩方や組合員のおかげで一歩づづ毎日成長しています。

    日々、成長できる環境で一緒に頑張ってみませんか。
  • 部署
    協同購入事業本部 浦添センター     地域担当
    氏名
    中村 優介(なかむら ゆうすけ) 
    入社年
    2018年入協            【琉球大学 法文学部 卒業】
    [現在の仕事内容]
    注文いただいた商品を各家庭や職場にお届けする地域担当の業務を行う。
    くらしの困りごとを解決し、各家庭にあった商品提案を行うことが役割。

    【職場体験「配達同乗」がきっかけ】
    私は、自身の企業研究不足から半年で前の職場を退職しました。自分がやりたい事は何なのかと模索していたところ、コープおきなわの求人が目に留まり「配達同乗」を体験しました。

    地域担当の仕事は、一般的な配達業とは違い、週に1度決まった曜日と時間に組合員宅へお届に行きます。商品の提案から暮らしの困りごとなど、消費者(組合員)とより近い距離で接することで信頼関係を築ける内容に、私も「感謝される」「信頼される」職員になりたいと思い入職を決意しました。

    【就活生へのメッセージ】
    これから就職活動を始める学生のみなさん、「自身のやりたいこと」「求めていること」をしっかり分析することをお勧めします。一番やりたいことを見極めるためには、固定観念に捉われず、様々な職種のアルバイトや、インターンシップなどの職場体験を通して、自身の視野を広げる ことが大切と感じます。

    今後、何十年も勤めていく場所です。
    企業選びは、自分の求めていることを本気で追及してください。

このページのトップへ